FC2ブログ

    「Kowkinsblog・光風抄」

     心をひらけば、世界は愛しさと美しさにあふれています。

    Entries

    「落魄のエロイーズ」








     「落魄のエロイーズ」

    554.jpg





    九月の森を歩く

    色なき風は私の磁場を洗っていく





    生気の海に溺れているのか

    この落魄した自我は






    遠い昔の

    ムーランルージュの乙女たちの

    純白の吐息だろうか





    あるいは

    白楽天の遊ぶ

    長安の妓楼に迷い込んだ

    仙女の残り香だろうか





    21世紀の九月の湘南の森で

    この落魄した自我は

    幻想の扉を探し続けている



    見上げれば

    父母の遊ぶあの天空は

    このだらしがない私に



    「いいぞ、そのまま統合を遂げていけ」

    と囁き掛けている


    鮮やかな極彩色の幻想を

    しっかりと胸にいだきながら

    泣き叫べと


    天空は私に囁き掛けている






    060_20190826005114ee3.jpg







    誠はいずこ

    誠の詩はいずこぞ



    盲目のまま

    より強力な武器を欲する

    この世界は



    肉体の内奥に向かって

    爆音を放ちつつ

    微細な崩落を続けているのだ






    かの妖艶のエロイーズよ

    毒に汚れたこの世界の

    四角い想念の全てを

    その甘美な口づけで打ち砕け



    かの豊饒のパールヴァティーよ

    その生命の乳房を振り乱して

    我らの春の再生を永遠ならしめよ



    愛を、愛を、愛を、

    原始の神与のすがたへと

    帰命せしめたまへ






    この九月の湘南の森の

    色なき風に私は立ち尽くし


    落魄した自我の鏡に映る

    世人の心を見つめていた



    私たちが欲しているのは

    たった一つの愛であったのだ





    この大宇宙の久遠において

    一度も滅びたことのない


    本当の愛こそを


    私たちは探し求めて

    微かな細い糸をつなぎ留めるように





    この秋の素風の面前に立ち尽くしているのだ


    この秋の素風の面前に立ち尽くして

    泣きっ面を晒しているのだ




    549.jpg


    ( 以上、「落魄のエロイーズ」、)

    youtubeから音楽をはります。記事を鑑賞する際のBGMとしてお楽しみ下さい。





    どうぞ、お気軽にコメントを下さい。

    皆々様の御多幸を、誠心を込めてお祈り申し上げます。

    合掌・感謝・浩欣。



    関連記事
    スポンサーサイト



    「悲しいか虫時雨」








     「悲しいか虫時雨」

    609.jpg






     大仏にとまらんとする蜻蛉かな

          ( 河野 南畦 )



    607_2019090306051284f.jpg






    和歌三首






     秋の夜の星降る野辺に立ちたれば
        虫の音みちて甘露さめゆく






     水の香に異界をさがす我があり
        常世に在りし光のみなもと






     久遠なる旅を想いて秋の星
        愛の道こそ我を導く






    471.jpg






    俳句七句






     アサガオを海とおぼえしバッタかな






     新涼や蟻んこのゆく穴の奥






     満ちてゆく秋の星降る虫の闇






    558.jpg






     片恋を天地は知りて虫時雨






     心琴に響けるトンボ水の上






     寂しいか愛しいか悲しいか虫時雨






     水澄みて天の涼風落ち来たる






    433.jpg

    ( 以上、「悲しいか虫時雨」、)

    youtubeから音楽をはります。記事を鑑賞する際のBGMとしてお楽しみ下さい。




    どうぞ、お気軽にコメントを下さい。

    皆々様の御多幸を、誠心を込めてお祈り申し上げます。

    合掌・感謝・浩欣。

    関連記事

    「コスモスの秘め事」







     「コスモスの秘め事」

    588.jpg





     コスモスの揺れ返すとき色乱れ

          ( 稲畑 汀子 )



    533.jpg





    和歌三首





     コスモスの虫に語りし秘密こと
        風は知れるかゆらゆらと舞う






     ちはやぶる秋の社に風ゆるみ
        いにしへ人の声のかそけき






     秋風の澄みゆく朝に天仰ぐ
        愛に生き行く蒼氓の夢





    450.jpg






    俳句七句






     コスモスと虫の秘めこと風しれり






     人思う素秋の風は泪いろ






     愛を愛と言いて秋の闇夜に落ちてゆく






    525.jpg






     秋暁や一天無限にはばたける






     秋澄むや蛙見つむる水の色






     立ち尽くし色なき風の色を見る






     眼をとじて心の奥に蜩の森






    484.jpg

    ( 以上、「コスモスの秘め事」、)


    youtubeから音楽をはります。記事を鑑賞する際のBGMとしてお楽しみ下さい。




    どうぞ、お気軽にコメントを下さい。

    皆々様の御多幸を、誠心を込めてお祈り申し上げます。

    合掌・感謝・浩欣。


    関連記事

    「ある夜の瞑想」







     「ある夜の瞑想

    104_20190826003718956.jpg




    光の柱が立っている



    瞑想する私の身体を


    刺し貫いて




    この大地の底の地球の核から

    々の遊ぶあの天空へと




    光の柱が立っている


    純白の光りが

    私の呼吸を支配して


    さざ波を全身に拡げていく




    その光輝にとって

    あらゆる他者は他者ではない


    彼我は一如へと

    明滅を繰り返していく



    心とは如何に

    世界を世界たらしめていた

    四角い思考は



    内側からの

    まあるい気付きの波に

    浸食されていく


    036_20190826003755465.jpg


    クンダリニーは

    憩いと遊戯を見出すため

    幻想の庭を欲していた




    宝玉の祭壇の前で

    大宇宙に滲んでいく私は


    草原に波をつくる

    この初秋の風に語り掛けた



    「鮮やかな幻想をわれに」


    まだだ



    心眼のさらに内奥にある

    もう一つの心眼を

    開く必要があった




    607.jpg



    ( 以上、「ある夜の瞑想」、)

    youtubeから音楽をはります。記事を鑑賞する際のBGMとしてお楽しみ下さい。





    どうぞ、お気軽にコメントを下さい。

    皆々様の御多幸を、誠心を込めてお祈り申しげます。

    合掌・感謝・浩欣。


    関連記事

    「甘露の虫時雨」







     「甘露の虫時雨」

    660.jpg





     父通り過ぎたるこの世虫時雨

          ( 小檜山 繁子 )




    212.jpg





    和歌三首





     沢音の耳内にありて街を行く
        見知らぬ妖女の見つめいる音





     ラーメンの汁に泳げる夢を見て
        ダシ出る男に成りしアラフィフ





     幻想の呼び声を聞く秋の夜
        いにしへ人の舞踏せる闇





    828.jpg





    俳句七句





     宵闇に素風の光り無から有へ





     目覚めても銀河の記憶われに無し





     永遠の地図おぼろげに天高し





    786.jpg





     祈る秋に縄文年表みあたらず





     死者たちの泪を知りて虫時雨





     心中の甘露を知りて虫時雨





     夜に泣き君も聞きたる虫時雨





    008_2019082600381197f.jpg


    ( 以上、「甘露の虫時雨」、)

    youtubeから音楽をはります。記事を鑑賞する際のBGMとしてお楽しみ下さい。



    どうぞ、お気軽にコメントを下さい。

    皆々様の御多幸を、誠心を込めてお祈り申し上げます。

    合掌・感謝・浩欣。


    関連記事

    「八月の土の香り」







     「八月の土の香り」

    099_2019082600380305f.jpg





     水澄んで遠くのものの声を待つ

          ( 谷野 予志 )


    165.jpg





    和歌三首





     ぬばたまの初秋の夜に詩しるす
        胸に満ちたる光の糸はき





     高い空の風神の声さがしいる
        我らの明日を知れる御心





     八月の土の香りを見つめいる
        君の願いの石ころを置き






    739.jpg





    俳句七句





     寂光の草の波音素秋かな





     八月の市場の老女えまひする





     眼をとじて流し眼のきみ残暑かな





    015_201908260038092c5.jpg





     きゅるきゅると清水かおりて秋澄めり





     にじみゆく光明真言天高し





     森に立ち素風に幻想たのみこむ





     水澄めり父の歓喜の直下にて





    368_20190826005118a83.jpg


    ( 以上、「八月の土の香り」、)

    youtubeから音楽をはります。記事を鑑賞する際のBGMとしてお楽しみ下さい。




    どうぞ、お気軽にコメントを下さい。

    皆々様の御多幸を、誠心を込めてお祈り申し上げます。

    合掌・感謝・浩欣。


    関連記事
    *CommentList

    「夢の中まで白木槿」







     「夢の中まで白木槿」

    1023.jpg





     鎌倉をぬけて海ある初秋かな

          ( 飯田 龍太 )



    1007.jpg





    和歌三首





     色しらぬ恋の神かな白木槿
        秋の陽射しのやわらかきこと





     たまきわる虫の命の秋の風
        夜明けにそよぎ楽しかりけり





     鮮やかな初秋の空の風の香に
        君の色こそさがす我かな





    012_20190711031306345.jpg





    俳句七句





     手の中に白をさがして白木槿





     秋の夜の夢の中まで白木槿





     空海の詩をさがして天高し





    205_20190810092613875.jpg





     秋暑し水の記憶もあらたまる





     秋めきて昨日を忘れて酒を呑む





     万生の恋する天地に残る蝉





     仙骨の音色かぞえて秋立ちぬ





    959.jpg

    ( 以上、「夢の中まで白木槿」、)

    youtubeから音楽を張ります。記事を鑑賞する際のBGMとしてお楽しみ下さい。




    どうぞ、お気軽にコメントを下さい。

    皆々様の御多幸を、誠心を込めてお祈り申し上げます。

    合掌・感謝・浩欣。

    関連記事

    「立秋の水影」







     「立秋の水影」

    646_20190810092510e74.jpg





     秋たつや何におどろく陰陽師

          ( 蕪 村 )



    053.jpg





    和歌三首





     ぬばたまの夜に眠れる水影の
        音に開かる異界恋せり





     精霊の舞いをのせたる睡蓮の
        午後のまどろみ揺蕩うごとし





     眼をとじて虹色の風おもひたり
        鎌倉谷戸の風鈴の音





    050_20190810092613fc9.jpg





    俳句七句





     秋立や音およぎたる水の影





     原爆忌74年泣きつづける蝉





     八月や路地にかすれる鈴の音





    076_201908100926132f5.jpg





     焼茄子の甘さひろがる秋はじめ





     秋暑し抹香臭いわが寝床





     八月や光明真言しみわたる





     十字架の影のびてゆく残暑かな





    933.jpg

    ( 以上、「立秋の水影」、)

    youtubeから音楽を張ります。記事を鑑賞する際のBGMとしてお楽しみ下さい。




    どうぞ、お気軽のコメントを下さい。

    皆々様の御多幸を、誠心を込めてお祈り申し上げます。

    合掌・感謝・浩欣。

    関連記事

    「仙骨で酔う」








     「仙骨で酔う」


    689_2019080403423978a.jpg





     石仏のどこかで蛇の卵熟れ

          ( 石田 波郷 )



    806.jpg





    和歌三首





     空を見て近き秋こそ思ひなば
        音に掠れる木槿さきけり





     イザナギの我が内にあるこの野辺で
        恋は香りてバラに眠れる





     黙座せばロゴスは時の直下にて
        水の美いだく器なりしか





    024_2019080403464706d.jpg





    俳句七句





     火と水に仙骨で酔う夏の朝





     老鶯を秘するが如し鎌倉谷戸





     七月の香りの水を呑みほせり





    850.jpg





     恋はならぬと誰も言わずに夏の夜





     水の香に秋を待ちたり虫の影





     蝉の音の遠くに甘く夏ともしび





     青大将木に登りたる神の川






    892_20190804034258961.jpg


     ( 以上、「仙骨で酔う」、)

    youtubeから音楽を張ります。記事を鑑賞する際のBGMとしてお楽しみ下さい。




    どうぞ、お気軽にコメントを下さい。

    皆々様の御多幸を、誠心を込めてお祈り申し上げます。

    合掌・感謝・浩欣。


    関連記事

    「睡蓮の微笑」







     「睡蓮の微笑」

    631.jpg





     睡蓮の聞き覚えある水の私語

          ( 中村 苑子 )



    045.jpg





    和歌三首





     ぬばたまの夜に涼しくタバコのむ
        歌の回路に風あてる如く





     自転車で汗かき鎌倉参じては
        父母の御霊の祝福のなか





     端座せば音の隙間に開かれる
        華を待ちたる夏の果てかな





    126.jpg





    俳句七句





     とろとろと居眠る猫の夜涼かな





     禅寺の異界をひらき蝉しぐれ





     布袋尊笑いて声なく夏はてる





    135.jpg





     睡蓮の水音ひらき空無限





     端居して仙骨で聞く宙の音





     明日の旅声に光らせ燕の子





     二十年仏の泪したたりぬ





    752.jpg


     ( 以上、「睡蓮の微笑」、)

    youtubeから音楽をはります。記事を鑑賞する際のBGMとしてお楽しみ下さい。




    どうぞ、お気軽にコメントを下さい。

    皆々様の御多幸を、誠心を込めてお祈り申し上げます。

    合掌・感謝・浩欣。


    関連記事

    「灰色の服」








     「灰色の服」



    710.jpg



    君は理性を壊したいのだ


    貞操というものが

    邪魔で仕方がないのだよ



    この天地に

    四季は無限の色どりを開いてゆくのに


    なぜ、自分だけが

    灰色の服を着ていなければ

    ならないのか



    その呪縛を解く道は

    一体どこにあるのか


    それを探しているのだよ



    027_20190711035751194.jpg


    神々の光りが

    君の魂に降り注ぐ



    振り返れば

    泪の森に死に果てて

    置き去りにされた自分の死体がみえる



    愛の神々は今日も

    君が殻を破るのを

    待っているというのに


    真実にたどり着けない

    私たちの暮らしの影は

    青野の花々の芯に呑み込まれてゆき


    忘却の夜を潜り抜けて

    死に絶えた朝にしっとりと


    しっとりと結露するだけなのだ



    771.jpg



    ( 以上、「灰色の服」、)

    youtubeから音楽をはります。記事を鑑賞する際のBGMとしてお楽しみください。




    どうぞ、お気軽にコメントをください。

    皆々様の御多幸を、誠心を込めてお祈り申し上げます。

    合掌・感謝・浩欣。


    関連記事

    「朝顔の宇宙」








     「朝顔の宇宙」


    063_20190711031231603.jpg






     薫風に草のさざなみ草千里

          ( 山口 連 )



    921.jpg






    和歌三首






     ちはやぶる神こそみちて大宇宙
        人に咲かせる愛の花影






     涼風にたゆたう如きわが心
        落ちる大地にかほり良きかな






     夏の花君が心を知りて咲く
        愛の祈りの道を歩みて






    602.jpg
     





    俳句七句






     白い仮面を叩き潰して百合が咲く






     朝顔や宇宙を開く音しずか






     今ここに青野はいのちの祭りなり






    612.jpg
       






     夜中に目覚め清水を飲む






     嬉しさは遠き熊野の夏だより






     喜びは遠き岩手に微笑する






     水喧嘩ながめて座る釈迦如来






    730_20190711031249e96.jpg

     ( 以上、「朝顔の宇宙」、)

    youtubeから音楽をはります。記事を鑑賞する際のBGMとしてお楽しみください。



    noteから記事をはります。あわせてお楽しみください。



    どうぞ、お気軽にコメントをください。

    皆々様の御多幸を、誠心を込めてお祈り申し上げます。

    合掌・感謝・浩欣。


    関連記事

    「梅雨の雷」








     「梅雨の雷」

    034.jpg





     山国やひとりに余る冷し酒

          ( 舘岡 沙緻 )



    725.jpg






    和歌三首






     イニシヘの夢と詩こそ今ここに
        開きて光る人の祈りか






     華光る夏の青野をあゆみゆき
        君へ捧げる詩をさがせり






     色果てて死を切り伏せる恋の神
        始原の森より今ここに舞う






    777.jpg






    俳句七句






     七月の洟垂れ小僧が見るお尻






     黙座せば一閃ありし晩夏光






     梅雨冷にタバコのけむり追いかける






    807.jpg






     君の香をさがして独り夕涼み






     夢果てて座禅和讃の朝来たり






     息はきて梅雨の雷まちわびる






     冷酒を君の香りに置きて夜






    630_20190711022607785.jpg


    ( 以上、「梅雨の雷」、)

    youtubeから音楽を張ります。記事を鑑賞する際のBGMとしてお楽しみください。



    noteの記事も張ります。あわせてお楽しみください。



    どうぞ、お気軽にコメントを下さい。

    皆々様の御多幸を、誠心を込めてお祈り申し上げます。

    合掌・感謝・浩欣。


    関連記事

    「海は泣いていたのだ」









     「海は泣いていたのだ」



    737.jpg





    崩す


    崩す 崩す


    四角い箱に満ちた錯乱を

    まあるい空に明け渡して



    崩す 崩す 崩す




    遠い昔の目覚めの春に

    存分に味わい尽くした

    あの跳躍を



    もう一度 もう一度

    崩す 崩す 崩す



    大地を忘れて

    柱を欲したのだ



    強く太い柱を



    どんな卑屈をも

    弾き返す


    強く太い柱を



    772.jpg


    湘南の浜辺に

    静かな波が打ち寄せる



    黒い砂浜に

    柱が立つことはなかった



    浜辺の蒼天は

    私の柱を拒絶したのだ



    「我は善なり、彼は愚かなり」



    私の柱に刻まれた

    黒く稚拙な呪いの正体だ



    巧妙に隠匿された

    血ににじむ毒の正体だ



    あの海は

    少年を抱きしめて泣いていたのだ



    あの大いなる海は

    鬼童を抱きしめて

    泣いていたのだ



    640_201906200039492bc.jpg



     ( 以上、「海は泣いていたのだ」、)


    youtubeから音楽をはります。記事を鑑賞する際のBGMとしてお楽しみください。



    どうぞ、お気軽にコメントください。

    皆々様の御多幸を、誠心を込めてお祈り申し上げます。

    合掌・感謝・浩欣。


    関連記事

    「白雨の甘美」








     「白雨の甘美」

    647.jpg






     ゆけどゆけどゆけども虹をくぐり得ず

          ( 高橋 重信 )



    574.jpg






    和歌三首






     天空を知りて肥えたるスズメかな
        葉桜の枝に喜々としてあり






     飛びながら夢見る如きモンシロチョウ
        森に朝日の訪れるころ






     諸人の仏性を知る夏の朝
        色の無限に祈り捧げる






    667.jpg






    俳句七句






     眼をとじて白雨の甘美あびている






     祈りなば地蔵菩薩の空に虹






     アジサイに銀のカエルの行方問う






    603.jpg






     何思う夜の風呂場のナメクジリ






     空を知り欣然みちる燕の子






     滴りは大きな空を知っている






     薫風に開く夢ある木陰かな






    688.jpg


     ( 以上、「白雨の甘美」、)



    youtubeから音楽をはります。記事を鑑賞する際のBGMとしてお楽しみください。



    どうぞ、お気軽にコメントを下さい。

    皆々様の御多幸を、誠心を込めてお祈り申し上げます。


    合掌・感謝・浩欣。

    関連記事

    「梅雨の夜」







     「梅雨の夜」

    801.jpg






     六月の花のさざめく水の上

          ( 飯田 龍太 )



    709.jpg





    和歌三首




     高慢の浄土は無しと知りもせず
        恨みの遺言のこす愚人か





     仰ぎなば空に走れる雲があり
        小さき人に風は流れる





     小さくて小さくて大地の底に
        また小さくて無限の光り





    720.jpg





    俳句七句





     六月の風が清める明日の色





     静けさやクジラと酒と梅雨の夜





     恨まれて良しと憶える夏の空





    567.jpg





     拝まれて地獄に落ちる梅雨の闇





     黙座せば明日より来たる青嵐





     君の乳房を夏の夜空に想った





     深きかな水田に映る空の色





    652.jpg

     ( 以上、「梅雨の闇」、)

    youtubeから音楽を張ります。記事を鑑賞する際のBGMとしてお楽しみください。



    どうぞ、お気軽にコメントください。
    皆々様の御多幸を、誠心を込めてお祈り申し上げます。

    合掌・感謝・浩欣。
     

    関連記事

    「風鈴をさがす君」








     「風鈴をさがす君」

    IMG_1194.jpg






     冷麦は夜のものとて月のさす

          ( 宗 徳 )


    764.jpg






    和歌三首






     炎天の草地を歩く吾が影に
         涼のひとすじ風をたまわる






     ちはやぶる天を想いて黙座せば
         カラダの芯に蜜のしたたり






     しとしとと青時雨の音身に沁みて
         スズメ居眠る草かげ想う






    IMG_1180.jpg






    俳句七句






     夏きざし風鈴をさがす君






     夢よみて戸を開けている明早し






     涼風に全力で行くカタツムリ






    IMG_1283.jpg






     五月雨に打たれて君は泣いた






     冬の旅の風の香おもう五月闇






     冷麦に安楽という白き海






     ゆらゆらと海の底かな夏の夢






    IMG_1047_20190529064141407.jpg


     ( 以上、「風鈴をさがす君」、)


    youtubeから音楽をはります。記事を鑑賞する際のBGMとしてお楽しみください。





    皆々様の御多幸を、誠心を込めてお祈り申し上げます。

    合掌・感謝・浩欣。


    関連記事

    「五月の森」








     「五月の森」

    IMG_1068.jpg





    五月の朝

    深い森を歩いている




    草を踏む自分の足音



    鳥たちの声が溢れている




    この森の二千年前を想う




    遥かな旅人達がいただろうか

    恋煩いの少女がいただろうか

    死人と話す老女がいただろうか

    神々の言葉を伝えるシャーマンがいただろうか



    彼らもやはり

    この森の風の音を聴いて

    心を鎮めていたのだろうか



    青々と茂る五月の森の中で

    自らの魂を鎮めていたのだろうか



    IMG_1240.jpg



    狂女の神霊よ


    この古い森に

    貴女は眠る


    その幽体の虹色を

    鮮やかに輝かせているのは

    一体なぜだろうか



    私には

    貴女が至純の愛の女神であることが

    よく分かる



    でなければ

    貴女の存在感は

    もっと刺々しく濁っているはずだ



    貴女の魂は

    千年以上の長い間

    人々の営みを見守り

    子供たちの夢を導き

    青年たちの愛を誘い

    老人たちの死後の安楽を守ってきたのだろう




    だからこそ

    貴女の魂はいま

    この五月の森の爽風に


    完全に溶け込むことが出来るのだろう



    IMG_0082_201905290724259c1.jpg




    私はもっと、

    貴女の愛を知りたい



    風の中で歌う草たちの生気を導く

    その聖なる技を学びたい


    貴女と同じように

    全ての対面する生命に

    魂の歓喜を自由自在に咲かせる技を

    私も学びたいのです


    狂女の神霊よ

    貴女を喜ばせるために

    私は何をしたらよいでしょうか



    この森の爽風のなかで

    どのような詩を捧げたらよいでしょうか

    どうか教えて下さい




    どうか どうか

    私にも貴女の愛を行なわせてください



    IMG_1011.jpg



     ( 以上、「五月の森」、)


    youtubeから音楽をはります。記事を鑑賞する際のBGMとしてお楽しみください。



    皆々様の御多幸を、誠心を込めてお祈り申し上げます。

    合掌・感謝・浩欣。


    関連記事

    「朝涼に花あふれ」







     「朝涼に花あふれ」


    IMG_1254_20190529060759e50.jpg





     うすものの中より銀の鍵を出す

          ( 鷹羽 狩行 )



    IMG_1075.jpg





    和歌三首





     龍神の雲をさがして仰ぐ空
         彼方に君も仰ぐ空かな






     御仏に額づく朝に詩を記す
         時空うまれる深き淵より






     眼をとじて花のあふれて夏の朝
         君の昼寝の夢につうじて






    IMG_1033.jpg





    俳句七句





     水のかほりを追いかけて夏夕焼け






     イモムシの草はむリズム五月かな






     晩涼や地蔵菩薩の足に土






    IMG_1017_20190529060753cf1.jpg







     涼風の真っただ中に放尿す






     風の色植田に映りなお青く






     夏の森の逢魔が時に風が止む






     炸裂する夢から覚めて夏の朝






    IMG_1138_20190529060802e11.jpg


     ( 以上、「朝涼に花あふれ」、)

    youtubeから音楽をはります。記事を鑑賞する際のBGMとしてお楽しみください。





    皆々様の御多幸を、誠心を込めてお祈り申し上げます。

    合掌・感謝・浩欣。


    関連記事

    「宝玉の咲く」







     「宝玉の咲く」

    IMG_9121.jpg




    鳥の声がきこえている

    無数の小鳥たちの声が




    君が歩いてきた

    峻険な風景を

    この森の奥底で想っている




    老鶯が伸びやかにうたう



    君も私も

    遠い昔に

    愛の祭壇への捧げものを

    もとめて旅をしたのだろう




    そして、その旅は、

    終わったのだろう



    その旅の疲れを落とすために

    今回の一生の休息が与えられているのだろう




    IMG_0062.jpg





    眼をとじて呼吸をふかめる


    三千年の魂の城だ




    広大な山河を

    ただ愛だけの為に苦しい旅をして

    いま、やっと、この魂の城に

    辿りついたのだろう




    かの御仏の真理の華は

    私達をこぼすことはなかった



    私達は大観音のたなごころの上で

    お互いを探していたのだ



    今、宝玉は私達の胸中にある



    蒼氓の静けさは海のように

    その色を深めていき

    やがて、全ての生命が

    私達の宝玉の光りの蜜を知るだろう



    神々の愛は

    いまここに、ひらかれていくだろう




    IMG_0066.jpg


     ( 以上、「宝玉の咲く」、)



    youtubeから音楽をはります。記事を鑑賞する際のBGMとしてお楽しみください。




    皆々様の御多幸を、誠心を込めてお祈り申し上げます。

    合掌・感謝・浩欣。


    関連記事

    「薔薇の美笑」







     「薔薇の美笑」

    IMG_0263.jpg





     葉桜の中に無数の空さわぐ

          ( 篠原 梵 )



    IMG_0032_20190523050219b29.jpg





    和歌三首





     夏の薔薇忘れるころにかほりだす
        日々にしみこむ母の想いか





     君は遠く五月の風に立ち尽くす
        胸の深きに愛をもやして





     虹色に時を織りなし舞い遊ぶ
        五月の森に精霊ありしか





    IMG_0196.jpg





    俳句七句





     飛ぶ夢は燦然として燕啼く





     夜明けには薔薇の美笑にたどりつく





     見つめれば我を呑みこむ薔薇の芯





    IMG_0117_2019052304542784a.jpg





     彼の人も若葉に笑みし話しけり





     恩人の想いを数え青時雨





     万緑に来世をさがし歩みゆく





     立ち尽くし一如に満ちて木下闇





    IMG_0179.jpg

     ( 以上、「薔薇の美笑」、)


    youtubeから音楽をはります。記事を鑑賞する際のBGMとしてお楽しみください。



    皆々様の御多幸を、誠心を込めてお祈り申し上げます。

    合掌・感謝・浩欣。


    関連記事

    「目覚めの森に」







     「目覚めの森に」

    IMG_0234.jpg





     初夏の乳房の筋の青さかな

          ( 野村 喜舟 )


    IMG_9384.jpg





    和歌三首





     朝の森に涼風を見てふりかえる
        闇を裂くような朝の陽射しに





     君の声を聴きたいと想った
        五月雨の夜中だった





     浄きものカラダに滲む五月かな
        父母への懺悔のただ中に座し





    IMG_0067_20190523050211be2.jpg





    俳句七句





     初夏の水音に沁む光りかな





     御仏の光りの間にて夕涼み





     眼をとじて翡翠の光り風薫る





    IMG_8366.jpg





     薫風の水光らせてまた天へ





     五月雨の死を装いて音こぼす





     五月には土のかほりの眠りゆく





     五月には目覚むる森に鳥とよむ





    IMG_0166.jpg

     (以上、「目覚めの森に」、)


    youtubeから音楽をはります。記事を鑑賞する際のBGMとしてお楽しみください。



    皆々様の御多幸を、誠心を込めてお祈り申し上げます。

    合掌・感謝・浩欣。

    関連記事

    「狂人に降る蜜」







     「狂人に降る蜜」


    IMG_9126_201905061847334c5.jpg





    何がどうして

    私は私なのだろうか




    天地に結露する

    法界の蜜を



    ぺろりぺろりと

    舐めている



    ああ、狂が恋しい



    身に歪む悪業の病に

    喘ぎ苦しみ



    父母を悲しませた

    貧しい青春を



    御仏に懺悔してきた





    この立夏の森の風の甘さは

    一体、何故なのだろうか




    天地に光は満ち渡り

    この愚者は草地に仰臥して

    法界の蜜を舐めている




    IMG_9130.jpg



    一体、何がどうして

    私は私なのだろうか




    分からない



    あの狂女の眠る社の石ころに

    閉じ込められた光りは


    なぜ、私の祈りを呼ぶのだろうか




    私が歩いてきた

    仄暗い森の春の轍は

    一体なぜ


    神々の楽園を目指しているのだろうか




    私は狂がこいしいのだ

    それだけなのだ



    悪業を完璧に捨てきりたいが

    それは正しい人間になり下がる為ではない



    あらゆる正義とは

    死神を隠す仮面であろう



    七色の風が運ぶ愛に

    心を震わせて

    全身全霊で狂いきれる詩こそが


    生命の楽園を成就するはずなのだ




    IMG_9018.jpg



     ( 以上、「狂人に降る蜜」、)

    youtubeから音楽をはります。記事を鑑賞する際のBGMとしてお楽しみください。




    皆々様の御多幸を、誠心を込めてお祈り申し上げます。

    合掌・感謝・浩欣。


    関連記事

    「朝焼けの父の浄土」







     「朝焼けの父の浄土」

    IMG_9219.jpg





     おそるべき君等の乳房夏きたる

          ( 西東 三鬼 )


    IMG_9015.jpg





    和歌三首





     夕焼けの野辺をさまよい風をみる
        久遠ながめる鬼童ありしか





     片恋のさざ波想う幽窓に
        母の御霊は笑みを深める





     太古より一寸たがわぬ祈りあり
        命みちたる虚空に帰す夢





    IMG_9031.jpg





    俳句七句





     黒髪の背中に流れ夏の雨





     天空の蒼の直下に夏の夢





     朝焼けに浄土の父の光りの中





    IMG_9089.jpg





     片蔭に泣いていたいと君もいう





     夏野には童いだきし母の笑み





     不可思議を足の裏より夏の草





     夏来たり水に映れる空の色





    IMG_8996.jpg



     ( 以上、「朝焼けの父の浄土」、)


    youtubeから音楽をはります。記事を鑑賞する際のBGMとしてお楽しみください。




     皆々様の御多幸を、誠心を込めてお祈り申し上げます。

      合掌・感謝・浩欣

    関連記事

    「老鶯とよむ森」







     「老鶯とよむ森」


    IMG_9167_20190506144815c7a.jpg





     夏きざす屋上に飼う兎にも

          ( 児玉 輝代 )



    IMG_9377.jpg





    和歌三首





     御世ひらけ万葉の風流れいる
        イニシヘ人の愛を光らせ





     狂想の鬼に守られ白き玉
        銀をくらいし醜男しりぞく





     イニシヘの社に眠る狂女あり
        我が歌を聴く鮮やかな夢





    IMG_9398.jpg





    俳句七句





     辛口の男うつむく夏日影





     涼風や鳥のとよみて森眠る





     薫風が久遠を呑みし音にのる





    IMG_9066.jpg





     紅は宇宙の結露夏の花





     藤の花ふりて甘露の風に沁む





     子は泣けり青嵐にまけじと泣けり






     老鶯のとよみて森に光りみつ






    IMG_9078.jpg



     ( 以上、「老鶯とよむ森」、)


    youtubeから音楽をはります。記事を鑑賞する際のBGMとしてお楽しみください。





    皆々様の御多幸を、誠心を込めてお祈り申し上げます。

     合掌・感謝・浩欣。

    関連記事

    新天皇陛下御即位、おめでとうございます。






    「新天皇陛下御即位、おめでとうございます。」


    IMG_8260_20190501114210c71.jpg



    新天皇陛下の御即位を、

    誠魂より、祝福もうしあげます。

    令和の御世の、今上陛下さまの御聖徳への、

    報恩感謝の祈りを盡し、

    自身の志である「祈りの詩文芸」をもって、

    神国日本と全世界の真の繁栄と平和と寧楽に、

    貢献できるように、日々、努力を尽くしてまいります。

    今上陛下様の、

    一切者、絶対者としての御聖徳が、

    健やかに、速やかに、さらに、さらに、

    日本国と全世界に花開きつづけて、


    日本国民と全世界市民が、

    一人残らず、完璧に、

    今上陛下の御威光に顕現される、

    神々の慈愛にまもられ、養われ、

    全てのイノチが、神から与えられた、

    魂の使命を、果たせるように、

    そのように希望してやみません。


    全日本、全世界、全宇宙に、

    中心者として、今上陛下の御聖徳が、

    燦然と光り輝きます。


    令和の御世の、

    今上陛下の御聖徳への、

    忠誠心をつくして、


    私、木村浩欣は、

    「祈りの詩文芸」に励んでまいります。

    天皇国日本、

    バンザーイ、バンザーイ、バンザーイ。

    天皇弥栄、安心寧楽、万生偕楽、無為恬淡、讃詩仰天。

    みな、みな、みな、成就いたします。

    本日は、誠に、誠に、

    おめでとうございます。

    合掌・感謝・浩欣


    IMG_20190428_145220.jpg


























    関連記事

    「静かなる花の雨」







     「静かなる花の雨

    IMG_8291.jpg





     古き古き恋人に逢ふ春の夢

          ( 草村 素子 )



    IMG_8419.jpg





    和歌三首





     春の野に静かに降りし花の雨
        君のよろこび詠ひて降りなむ





     爽風のただ中歩き寺へ行く
        地蔵えみする春の暮れかな





     蒼天の巨大を想い野辺をゆく
        アオサギ寂しき岸辺の草道





    IMG_8474.jpg





    俳句七句





     よろこびの国より来たり雀の子





     野をゆけば父母の浄土花の雨





     君知るや花の雨ふる我が浄土





    IMG_7165_2019041600293504c.jpg






     鳥居まえ草芳しく風ゆるむ





     花の雨永遠の童に降る





     佐保姫の背中流して花の雨





     春霖のテレビゲームに力みいる





    IMG_8260_20190416002936e1c.jpg


     ( 以上、「静かなる花の雨」、)


    youtubeから音楽をはります。記事を読む際のBGMとしてお楽しみください。



    皆々様の御多幸を、誠心を込めてお祈り申し上げます。

    合掌・感謝・浩欣。


    関連記事

    「春告鳥の森深し」







     「春告鳥の森深し」

    IMG_8306_201904152332230ae.jpg





     花冷えや柱しづかな親の家

         ( 正木 ゆう子 )



    IMG_8372.jpg





    和歌三首





     光りの野に我を一人で歩かせて
        かそけく散りぬ桜かなしき





     ちはやぶる神の御国の静かなる
        朝日おろがむ我は詩人





     春の夜に君の声こそ望みては
        泪ににじむ電信機ばかり





    IMG_8395_20190415233248fcc.jpg





    俳句七句





     野をゆけば土のかほりの春ふかし





     ながし眼のかほりも細き散り桜





     陽の降りて春告鳥の森深し





    IMG_6701.jpg





     よろこびて飛燕の切りし空は青





     湘南は砕けて春疾風





     野良猫はどこで眠るや春時雨





     春愁や河のアオサギ立ち尽くす





    IMG_8273.jpg


     ( 以上、「春告鳥の森深し」、)


    youtubeから音楽をはります。記事を読む際のBGMとしてお楽しみください。




    皆々様の御多幸を、誠心を込めてお祈り申し上げます。

    合掌・感謝・浩欣。

    関連記事

    「生気の一粒」







     「生気の一粒」

    IMG_8334.jpg



    守れない約束に縛られ

    喘いでいたのだろうか



    私は



    長い長い悪夢だったのだろうか



    過ぎ去りし日々の

    残り香を確かめている



    この晩春の爽風は

    私のくすんだ記憶の鎧に

    微かなひびをいれた



    ひびの隙間から

    ぽたりぽたりと

    生気が零れ落ちてくる



    私の体内の

    巨大な空洞に


    ぽたりぽたりと

    生気が零れ落ちて来る



    IMG_8230.jpg



    眼をとじて

    野辺に座している


    呼吸をふかめ

    確かなものを

    求める意識を殺して


    幽玄にたゆたう

    一切れの布地へと

    自分を誘っている



    記憶が意味を失って

    どれだけの日々が過ぎただろうか


    この鮮やかな天地に

    灰色の自分が座している



    端然と息をふかめ

    生気の一粒一粒を

    受け取っているその瞬間が


    虚空に明滅している



    IMG_8352.jpg


     ( 以上、「生気の一粒」、)


    youtubeから音楽をはります。記事を読む際のBGMとしてお楽しみ下さい。





    皆々様の御多幸を、誠心を込めてお祈り申し上げます。

     合掌・感謝・浩欣。


    関連記事

    04/13のツイートまとめ

    1103Kowkin

    https://t.co/PcbT4w7Zbe https://t.co/l91ypZcrtb
    04-13 16:20

    https://t.co/PcbT4w7Zbe
    04-13 16:19

    関連記事

    左サイドMenu

    プロフィール

    木村浩欣

    Author:木村浩欣
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「Kowkinsblog・光風抄」
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    詩人・木村浩欣の
    2013,3からのブログです。
    東洋思想と日本文化を基盤に
    「祈りの詩文芸」に取り組んでいます。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・

    皇恩に感謝いたしましょう。
    天地神明に感謝いたしましょう。
    ご先祖さまに感謝いたしましょう。

    決して、裁かず、蔑まず。
    そして、オモネルこともなく。

    合掌礼拝の生活をして、
    自らの魂を磨きあげましょう。

    それを軸にして、
    天地の美の世界を、
    共に泳いでいきましょう。

    必ず、幸福の華が咲きます。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・

    皆々様が、ご照覧下さることに、
    心から、御礼感謝を申し上げます。

    お気に入りの作品が
    ありましたら、どうぞ、
    何度も、何度も、読んで見て、
    愛して下さい。


    どの記事も、
    普遍的な内容を含んでいます。
    過去記事にも、
    素晴らしいものがありますので、
    お気に入りの作品を、
    このブログの中から、
    探してみて、下さい。


    ブロマガの作品は、
    少し、上質な内容になっております。

    所定の方法に従って、
    料金のお支払いをした上で、
    存分にお楽しみ下さい。

    皆々様のご協力を、
    どうぞ、宜しくお願い申し上げます。


    2008、8
    詩集「せせらぎの音」を
    出版し、好評を博す。

    日本社会よ
    ノーマライゼイションと
    ベーシックインカムを実現して
    祈りのさきはえる世界を目指せ!



    このブログは
    リンクフリーです。
    お気に召しましたら、
    皆様にご紹介下さい。

    コメントを頂くと喜びます。

    詩集、「せせらぎの音」を
    ご希望の方に郵送いたします。
    無料です!。

    ご希望の方は、
    郵送先の住所と氏名を、、
    このブログのコメント欄に
    非公開設定で書き込み、
    ご通知下さい。

    皆々様のご多幸を、
    誠心をこめて、
    お祈り申し上げます。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「にほんブログ村」、
    「人気ブログランキング」
    「FC2ランキング」
    に参加しています。
    このブログの記事に、
    お喜び頂けましたら、
    この下の三つの、
    ランキングのボタンを、
    クリックしてください。

    そのことで、多くの皆様に、
    喜びの輪が
    ひろがってまいります。

    ご協力を、お願いいたします。

    カレンダー

    08 | 2019/09 | 10
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-

    最新記事

    ブロマガ

    月刊ブロマガ価格:¥ 330

    紹介文:「全ての人に真理の詩を!」

    Kowkinこと、詩人・木村浩欣の
    自由詩・和歌・俳句・随筆・写真・旅行記・などなど、
    作品をテーマ毎にまとめてご提供します。

    神に魅せられた魂の情熱は、読者に巨大な真実の幸福をもたらします。光との対話のなかで、あなた様も、神の恩寵に気が付くでしょう。

    ぜひとも、このブロマガを、ご購入下さい。
    言霊の全一的な調和・喜びの力がこもっています。
    詩文芸と写真はパソコンはもちろん、スマートフォンなどで、
    携帯して、赴くままに親しんで下さい。
    大宇宙とあなたの魂の、愛と喜びの対話に役立ちます。
    清水の滴りがやがて、岩をも穿つように、
    神仏由来の、より本質的な大きな幸福の生活へと、
    導かれることになるでしょう。

    ぜひ、このブロマガを購入し親しんで下さい。

    どうぞこころゆくまで、美と真理の庭に遊んで下さい

    ブロマガ記事一覧

    購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

    フリーエリア

    にほんブログ村

    人気ブログランキング

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    小説・文学
    534位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]

    23位
    アクセスランキングを見る>>

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QR

    検索フォーム

    最新トラックバック

    フリーエリア

    PVアクセスランキング にほんブログ村

    右サイドメニュー